ミズアオイを見守るメンバー=小松市木場潟のビオパーク

ミズアオイを見守るメンバー=小松市木場潟のビオパーク

石川県 加賀・白山・小松 花・紅葉

小松・木場潟 ミズアオイ 25年ぶり群生

北國新聞(2018年9月21日)

 小松市木場潟公園のビオパークの池で、県の絶滅危惧Ⅰ類に指定されている水草「ミズアオイ」が見ごろを迎えている。木場潟周辺では約25年ぶりに群生し、水面に広がる青紫色の花が来場者の目を引いている。
 ミズアオイは、水路などに生育し、夏から秋にかけて1株に約10~20の花を咲かせる。木場潟周辺でも散見されたが、除草剤などの影響で25年ほど前から姿を見かけることが少なくなった。木場潟再生プロジェクトメンバーが5年前から種をまき始め、今年は約80株が成長した。
 顧問の大井貞夫さん(84)は「かつての木場潟の風景が見られるようにしたい」と意気込んだ。10月上旬まで花を咲かせる。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット