多くの美術愛好家らが熱心に作品を鑑賞した芸展中期展=14日、新潟市中央区

多くの美術愛好家らが熱心に作品を鑑賞した芸展中期展=14日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

洋画、彫刻精巧な美 22日まで芸展中期展 新潟

新潟日報(2018年11月15日)

 「第47回県芸術美術展(芸展)」(県美術家連盟、新潟日報社主催)の中期展が14日、新潟市中央区の県民会館で始まった。洋画と彫刻の2部門の入賞・入選作品と連盟会員の作品が展示され、多くの来場者がじっくりと見入っていた。

 会場には洋画237点と彫刻51点が並んだ。

 洋画部門には、使い古された段ボール箱を真上からの視点で描いた作品や、夜間に照明で浮かび上がったコインランドリーの店内を窓越しから描いた絵などが並んだ。

 彫刻部門では、乾漆の技法で柔らかく張りのある女性の肌の質感を巧みに表現した裸婦像や、爪を研ぐネコを彫ったユニークな木彫などが展示された。

 新潟市西区の女性(78)は「写真のように精巧に描かれた絵画や、ふくよかで愛きょうのあるフクロウの石彫が特に印象に残った」と話した。

新潟・岩室 ニュース