新潟開港150年を記念して作成されたイラストカード

新潟開港150年を記念して作成されたイラストカード

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

カード集め港町名所巡り NPO法人8種類製作 新潟市

新潟日報(2018年12月3日)

 みなとまち新潟の魅力発信に取り組むNPO法人「新潟みなとクラブ」は、2019年の新潟開港150周年を記念したイラストカード「ゆきぐに湊と仲間たち」を作成し、12月1日に新潟市中央区の朱鷺メッセでお披露目した。港周辺の施設や風景が描かれ、年明けから8カ所で無料配布する。「ぜひ各地を巡って全8種類を集めて」とPRしている。

 新潟港は、国土交通省が地域振興に取り組む港湾地域を認定する「みなとオアシス」に選ばれ、市歴史博物館(みなとぴあ)、朱鷺メッセなど14の登録施設がある。カードはそのうち10施設をアニメ風に描いた。

 1月1日(一部は3、4日)から8カ所の登録施設などでそれぞれ先着3千人に配布する。カードを収納できる台帳も千部限定で用意。全部集めると、先着100人にオリジナルデザインの「新潟手帳」をプレゼントする。

 石井洋司理事長(70)は「カード収集をきっかけに新潟港やみなとオアシスに親しんでもらいたい」と話した。

新潟・岩室 ニュース