スキー場のオープンを前に圧雪車でゲレンデを整えるスタッフ=29日、上越市

スキー場のオープンを前に圧雪車でゲレンデを整えるスタッフ=29日、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

金谷山いよいよ滑れる スキー場1月30日オープン 上越

新潟日報(2019年1月30日)

 新潟県上越市大貫の金谷山スキー場が1月30日に今シーズンの営業を始める。オープンを前に29日、スタッフ6人が急ピッチで開業準備を進めていた。

 積雪が少なく今冬の営業が心配されたが、26日からのまとまった降雪で目安となる積雪70センチを超え、オープンにこぎ着けた。市によると昨季より2週間ほど遅い。

 スタッフらは圧雪車で斜面を踏み固めたり、リフトを動かしたりして安全を確認していた。担当者は「雪が少なく、オープンできるか心配したが、なんとかレルヒ祭に間に合って良かった」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 営業は3月中旬までの予定。午前9時~午後4時半。リフトは1回券200円、11回券2千円。レルヒ祭が開かれる2月2、3両日は無料で開放する。

 レルヒ祭では、日本とオーストリアがことし、国交樹立150周年になるのを記念し、関連イベントが開かれるほか、駐日オーストリア大使館の全権公使の来場が予定されている。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット