「ついしん手紙」で提供されるカキのひつまぶし仕立て=新発田市

「ついしん手紙」で提供されるカキのひつまぶし仕立て=新発田市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し グルメ

安兵衛と縁、赤穂産カキ料理いかが 新発田でイベント

新潟日報(2019年2月4日)

 新潟県新発田出身の赤穂四十七士、堀部安兵衛との縁が深い兵庫県赤穂市産カキを使った自慢の料理を新発田市で提供する「しばたオイスターバー」が開かれている。今年は昨年より3店多い過去最多の12店舗が参加、各店が工夫を凝らした一皿を2月28日まで提供する。11日には市役所札の辻広場で、蒸しカキ千個が無料で振る舞われる。

 安兵衛を通じたまちおこしに取り組む市民有志による実行委員会が、忠臣蔵でまちおこしに励む赤穂市の有志と協力して開き、今年で6年目。赤穂の海は良質なプランクトンが多く、カキが特産品となっている。

 今年も、安兵衛が赤穂藩の堀部家に入るきっかけとなった高田馬場での決闘があった11日午前10時~午後3時、市役所札の辻広場で赤穂市直送のカキを蒸し、千個を無料で振る舞う。調理用の生カキや、オリジナルカキ料理も販売する。

 ついしん手紙(中央町3)では、カキのしぐれ煮と天ぷらをご飯に乗せ、ひつまぶし仕立てで味わうお膳をランチタイムに提供する。料理長の広岡雅志さん(41)は「赤穂のカキはうまみが濃く、加熱しても身がぷりっとしている。いろいろな味を楽しんでほしい」と話した。

 ほかの参加店は次の通り。
▽おかげさん(諏訪町1)
▽米蔵ココロ(大栄町7)
▽鮨かっぽう桂(中央町4)
▽TAICOや(中央町1)
▽中華酒菜香(本町1)
▽中国菜館萬福(御幸町2)
▽藤屋食堂(西園町1)
▽モントルー(中央町2)
▽麺食堂まる七(島潟)
▽横丁へい(本町1)
▽ラ・ジェンマ(新栄町3)

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット