加茂川上空を悠々と泳ぐこいのぼり=12日、加茂市

加茂川上空を悠々と泳ぐこいのぼり=12日、加茂市

新潟県 燕・三条・弥彦 祭り・催し

600匹ゆらり 加茂川にこいのぼり 加茂市

新潟日報(2019年4月15日)

 新潟県加茂市の中心部を流れる加茂川で、恒例のこいのぼりの展示が始まっている。約600匹が風を受け、ゆったりと空を泳いでいる。晴れ間がのぞいた12日は、家族連れが河川敷を散歩したり写真を撮ったりと春のひとときを楽しんでいた。

 展示場所はJR加茂駅から歩いて5~10分ほどの葵橋周辺。街をにぎやかにしようと、有志でつくる「加茂川に鯉(こい)のぼりを泳がせる会」が1989年から毎年企画している。両岸に12本のワイヤを渡し、色とりどりのこいのぼりをつるしている。

 4月初めに「泳がせる会」メンバーと市職員らが展示した。会長の茂野栄一さん(78)は「ぜひ河川敷の芝生で休みながら、下からの眺めも楽しんでほしい」とアピールした。

 展示は5月15日まで。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット