眼下に雄大な風景が広がる展望デッキで行われたドンデン高原の山開き=20日、佐渡市椿

眼下に雄大な風景が広がる展望デッキで行われたドンデン高原の山開き=20日、佐渡市椿

新潟県 佐渡 アウトドア・レジャー

ドンデン高原は招くよ 山開き安全祈願 佐渡

新潟日報(2019年4月23日)

 豊かな山野草で知られる佐渡市の大佐渡山脈のドンデン高原で20日、山開きが行われた。国中平野から遠くは飯豊連峰も臨む標高約900メートルのドンデン山荘で神事を行い、関係者が登山客の安全を祈った。

 温暖な地と寒冷地の両方の植物が見られる佐渡は「花の島」と呼ばれる。19日には梅津-ドンデン山頂間のドンデン線(佐渡縦貫線)が開通。周辺ではカタクリやシラネアオイ、雪割草などが咲き誇り、本格的な登山シーズンを迎える。

 神事には観光や山の保全、安全管理に携わる関係者約20人が出席。神職が祝詞を上げた後、一人一人玉串をささげた。佐渡観光交流機構両津支部長の小野原正輝さん(53)は「今年は雪が多いが、その分花が長持ちしそう。安全に気を付けて登山を満喫してほしい」と話した。

 待ちわびた登山客ら約30人も見守った。泉の男性(70)は「金北山への縦走ルートをはじめ、どこも景色がきれい。島の四季を楽しみたい」と笑顔で語った。

佐渡 ニュース