赤塚不二夫さんのイラストなど貴重な作品が並ぶ企画展=23日、新潟市中央区

赤塚不二夫さんのイラストなど貴重な作品が並ぶ企画展=23日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

貴重な直筆漫画ずらり 文化の記憶館で企画展 新潟

新潟日報(2019年4月24日)

 新潟県ゆかりの漫画家をはじめ漫画の歴史をたどる企画展「マンガとはナンダ」が、新潟市中央区のにいがた文化の記憶館で開かれている。子ども向けだった漫画が、幅広い世代で楽しめる文化に発展した流れを展示している。

 「黄金バット」など戦後の子どもたちが熱狂した作品や手塚治虫さんの作品など111点が並ぶ。赤塚不二夫さんや魔夜峰央さんら新潟県ゆかりの作家が描いた直筆イラストも展示する。学芸員の伊豆名皓美さんは「漫画の歴史と本県ゆかりの作家による貴重な直筆作品を楽しんでほしい」と話している。

 27日午後2時から、新潟市マンガ・アニメ情報館の坂田文彦館長が「新潟におけるマンガ・アニメ事業の現状-地方からの挑戦-」と題し講演する。事前申し込みと入館料が必要。

 企画展は5月26日まで。月曜休館。入館料は500円、高校生以上の学生は300円、中学生以下無料。問い合わせは、025(250)7171。

新潟・岩室 ニュース