春日山城史跡広場で見頃を迎えているカキツバタ=15日、上越市

春日山城史跡広場で見頃を迎えているカキツバタ=15日、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉

紫や白咲き誇る 上越でカキツバタ見頃

新潟日報(2019年5月17日)

 新潟県上越市の春日山城史跡広場の監物(けんもつ)堀付近でカキツバタが見頃を迎えている。紫や白の花が咲き誇り、青々とした葉とのコントラストが水面(みなも)に映え、訪れた人を楽しませている。

 市文化行政課によると、広場はかつて休耕田だったが、1993年に周辺の整備をしたことで、戦国時代の堀や土塁が復元された。95年ごろにカキツバタを植栽したという。現在は大手道の入り口を含めた約200メートルで観賞できる。

 晴天に恵まれた15日は、市内のグループホーム「宝寿の家」の利用者約10人が屋外活動で訪れ、花々をじっくりと眺めていた。

 利用者の80代女性は「天気も良くて、きれいな色の花がたくさん咲いていて、とてもすてきです」と笑顔で話した。見頃は22日ごろまで。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット