「ドリームサッカーin鯖江」のチラシ

「ドリームサッカーin鯖江」のチラシ

福井県 鯖江・武生・越前海岸 その他

往年のサッカー名選手が鯖江に 柱谷哲二さんら出場

福井新聞(2019年6月2日)

 サッカーの元日本代表選手と福井県の鯖江市選抜チームが対戦する「宝くじスポーツフェア ドリームサッカーin鯖江」が6月16日、鯖江市東公園陸上競技場で開かれる。日本サッカー史上最高のストライカーといわれる釜本邦茂さんが監督を務め、総勢22人のレジェンドが訪れる。

 宝くじの社会貢献広報事業として県や鯖江市、一般社団法人自治総合センターが主催する。県内では、2015年に坂井市で開催されている。

 親善試合は午後1時半キックオフで、代表OBは永島昭浩さん、柱谷哲二さん、中田浩二さん、巻誠一郎さんら往年の名選手らが出場予定。対する鯖江市選抜は、市サッカー協会の会員ら約30人で構成する。試合は前後半各30分。ハーフタイム中に代表OBの直筆サイン入りボールやスポーツバッグが当たる抽選会がある。

 試合に先立ち、午前9時45分から代表OBが教えるサッカー教室があり、市内外の小中学生約300人が参加する。

 入場無料だが、鯖江市役所、市総合体育館、市スポーツ交流館で配布している整理券が必要。配布はなくなり次第終了するが、当日券もある。問い合わせは市スポーツ協会=電話0778(51)0669。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース