阿賀野高生徒のオリジナル商品「Happyマンゴープリン」

阿賀野高生徒のオリジナル商品「Happyマンゴープリン」

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 スイーツ

阿賀野高×地元企業第2弾マンゴープリン 瓦テラスで販売

新潟日報(2019年8月7日)

 新潟県阿賀野市の阿賀野高生徒が地元企業とタッグを組んで作った第2弾商品「Happyマンゴープリン」が8月5日、同市保田の瓦テラスで発売された。生徒は観光客らに同高の活動を紹介するチラシを配りながら商品をPR。「このプリンを通じて、阿賀野高校での取り組みや阿賀野市について多くの人に知ってほしい」と話している。

 同高では昨年8月、生徒会と製麺業の「めんつう」など地元4社でつくる「つかさコーポレーション」が、商品「パフェ・プリン」を瓦テラスオープンに合わせて限定販売した。今年6月にはJR大宮駅(さいたま市)での阿賀野市の産直市でも売り出した。

 今回は第2弾として、半年がかりで新しいプリンの開発を進めてきた。材料には地元「神田酪農」の生乳を使い、老舗菓子店「最上屋」が製造を担当した。

 5日のお披露目には3年の女子生徒2人が参加した。マンゴープリンにした理由は「青空に映える夏らしい色合いで、広い年代に親しまれるマンゴーなら家族で食べてもらえるから」。濃厚なマンゴープリンの中にさっぱりした四角いココナツゼリーを入れ、上には果肉を多く使ったジュレを載せた。

 瓦テラスでは、プリンを食べた人から声を掛けられ「おいしいと直接言ってもらえたのが何よりうれしい」と女子生徒は語る。目標販売数は500個。2人は「地元の人にも観光客の方にもぜひ食べてほしい」と話している。

 同所では同高からめんつうのインターンシップに参加する生徒が、9日までPRのチラシ配りも行う。

 31日まで1個380円(税込み)の限定販売。問い合わせは瓦テラス、0250(47)8530。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット