開会式でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま=16日、新潟市中央区

開会式でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま=16日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

国内最大の文化の祭典 朱鷺メッセで開会式 両陛下ご臨席

新潟日報(2019年9月17日)

 国内最大の文化の祭典「国民文化祭」「全国障害者芸術・文化祭」の開会式が16日、新潟市中央区の朱鷺メッセで行われた。天皇、皇后両陛下が臨席され、県内外から約1800人が出席。伝統芸能や舞踊など、新潟県が誇る彩り豊かな文化のステージが繰り広げられ、開幕を盛大に祝った。

 式典で天皇陛下は新潟県で火焰型土器や錦鯉など特色ある歴史文化が育まれてきたとし、文化祭が「芸術文化に触れやすい環境づくりへつながることを期待しています」とあいさつした。

 花角英世知事は「新潟ならではの文化祭を多くの皆さまに楽しんでいただき、交流の輪が広がることを願う」と述べた。

 ステージでは、太鼓芸能集団「鼓童」が勇壮に太鼓を打ち鳴らし、県合唱連盟が美声を響かせた。県内の各団体が伝統芸能や演劇、ダンスを披露。新潟県の歴史文化を紹介する演出もあり、式典を盛り上げた。

 文化祭は新潟県では初開催。11月30日まで、県内全30市町村を舞台に計179の事業が催される。

 両陛下は17日、新潟市江南区の県障害者リハビリテーションセンターや同市中央区の「にいがた文化の記憶館」などを訪れ、午後に新幹線で東京に戻る。

新潟・岩室 ニュース