準備が進む弥彦菊まつりの「大風景花壇」=弥彦村の弥彦神社

準備が進む弥彦菊まつりの「大風景花壇」=弥彦村の弥彦神社

新潟県 燕・三条・弥彦 花・紅葉 祭り・催し

弥彦菊まつり11月1日開幕 大輪令和の風誘う

新潟日報(2019年10月30日)

 弥彦の秋の風物詩である新潟県菊花展覧会「弥彦菊まつり」が11月1日に弥彦神社で始まる。県内外の愛好家が手塩にかけて育てた多種多様な菊およそ3千鉢が境内を彩る。

 県と県菊花連盟の共催で、今年で59回目。見所の一つである「大風景花壇」は、64畳ほどのスペースに約3万本の挿し芽と約500個の鉢が置かれる。例年は全国各地の景勝地を菊で表現してきたが、令和初の開催となる今年は天皇陛下の即位を奉祝して皇位継承の儀式「即位礼正殿の儀」をモチーフにした。

 品評会も兼ねている菊まつりは10月27、28日に菊を搬入、30日に審査が行われ、等級別に境内に並べられる。

 会場となる弥彦神社は「一般的なイメージの菊とはまた違った種類の菊が楽しめる。出品者は審査日に菊の最高の状態を合わせてくるので、まつりの序盤に来ると菊をいい状態で見られる」としている。

 11月24日まで。問い合わせは弥彦観光協会、0256(94)3154。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット