はな禅が提供する新作の雪むろ酒かすラーメン=上越市

はな禅が提供する新作の雪むろ酒かすラーメン=上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 グルメ 特産 麺類

雪むろ酒かすラーメン 15店の個性味わって 上越

新潟日報(2019年11月28日)

 新潟県上越市内のラーメン店などでつくる「上越愛麺会」は11月30日から、加盟する15店舗で2季目となる「雪むろ酒かすラーメン」を販売する。新作を出す店も多く、"冬の風物詩"として定着させようと、店主たちは「多くの人に食べてもらいたい」と意気込んでいる。

 雪むろ酒かすラーメンは、「発酵のまち」をPRするため上越市と市内のラーメン店が共同開発した。地元の酒かすや雪室食材などを使っている。今年2~5月に14店舗でデビューし、2万1千食を売り上げた。この人気を継続し、地域を盛り上げようと店主たちが3月に愛麺会を発足。上越の食ブランド向上を目指し、ラーメンの共同開発などを行っている。

 2季目は11店舗が昨季と違う味を作った。米粉でとろみをつけたものやカレーラーメン、ジャージャー麺などそれぞれ個性を発揮している。

 中田原のはな禅では、人気のトマトみそラーメンをアレンジした「レッド・愛-12years-」を提供する。スープはイノシシの骨で取り、酒かすやトマトを加えたイタリアン風。酒かすを練り込んだ麺を使い、もろみで煮込んだイノシシの肉をトッピングした。店主の二ノ宮梓さん(39)は「上越のいい食材を使っている。酒かすは健康にもいい。冬になれば雪むろ酒かすラーメンが食べたいと思ってもらえるようにしたい」とご当地化への意欲を語った。

 10月には県内で開かれた二つのイベントに出店し、メンバーの結束力も強まった。事務局の上越ものづくり振興センターの上田真之さん(30)は「ラーメンで上越を盛り上げていこうという機運が高まった。2季目も店ごとの個性を楽しんでほしい」と話している。提供は4月下旬ごろまでの予定(通年提供の店舗もある)。

 他の参加店は次の通り。▽麺屋あごすけ▽ラーメンダイナーGOGO宝来軒▽王華飯店▽手打ちらーめんまるとく▽たんぽぽラーメン▽蒲公英拉麺YAMATO▽麺屋しょうじ▽WITHドリーム▽比他棒▽宝来軒総本店▽春紀▽龍馬軒▽たんたん麺の店菜心▽北京彩館仲町店

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット