うみがたり大水槽に初めて現れたサンタダイバー=上越市

うみがたり大水槽に初めて現れたサンタダイバー=上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し アウトドア・レジャー

サンタ、魚にプレゼント ダイバー餌やり 上越うみがたり

新潟日報(2019年12月6日)

 新潟県上越市立水族博物館「うみがたり」の大水槽に、サンタクロースの衣装をまとったダイバーが初登場した。来館者にメッセージボードを掲げたり、魚に餌をあげたりしてクリスマスムードを盛り上げている。

 11月30日にサンタダイバーが大水槽に現れると、子どもたちは手を振って歓迎した。ダイバーは「メリークリスマス!」などと書かれたボードを手に魚と一緒に遊泳。餌をまくと、たちまち姿が見えなくなるほどイワシの群れなどに囲まれていた。

 家族で訪れた長岡市の小学1年生、男子児童(7)は「水槽の中にサンタさんがいてびっくりした。お魚がいっぱい寄ってきてすごかった」と喜んでいた。

 館内は高さ約4メートルの巨大ツリーをはじめ、クリスマスの装飾で彩られている。運営スタッフの村上真衣さん(30)は「クリスマスを感じながら水族館を楽しんでいただければ」と話す。サンタダイバーの登場は12月22日までの土日曜と24、25の両日、いずれも午後1時半から。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット