初めて企画されたおんでこドームのイルミネーションを楽しむ人たち=佐渡市両津湊

初めて企画されたおんでこドームのイルミネーションを楽しむ人たち=佐渡市両津湊

新潟県 佐渡 祭り・催し

佐渡・おんでこドーム 1万3千個の光 Xマスわくわく

新潟日報(2019年12月19日)

 新潟県佐渡市両津湊のおんでこドームで、両津港周辺の商業・観光関係者でつくる実行委員会が今年初めてクリスマスイルミネーションを企画した。約1万3千個の電球を使ったツリーやトナカイのイルミネーションが輝き、地域を盛り上げている。

 21、22日に同会場で開く「クリスマスマーケット イルミネーションドーム」に先駆けて点灯した。15日の点灯式には、家族連れら約100人が集まった。声を合わせてカウントダウンし、カラフルなイルミネーションが点灯すると歓声が上がった。訪れた人はベンチに腰掛けたり、写真を撮ったりして楽しんだ。

 家族で訪れた同市千種の会社員男性(27)は「子どもも喜んでいて、島内でイルミネーションが楽しめるのは良いことです」と話した。

 イルミネーションは25日まで、午後5時~9時まで点灯。21、22日のイベントでは食品などの販売や芸能披露、エビ汁の振る舞いなどを実施する。21日は午後3時~9時、22日は午前10時~午後3時。問い合わせは事務局、0259(63)5118。

佐渡 ニュース