新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

和暦表示の入場券セット トキ鉄、当日から販売

新潟日報(2020年2月3日)

 えちごトキめき鉄道(新潟県上越市)は、令和2年2月2日と同22日の2が並ぶ日を記念した「えちごトキめき鉄道入場券セット」を発売する。

 妙高高原、関山、二本木、新井、上越妙高、高田、春日山、直江津、筒石、能生、糸魚川の11駅の入場券セットで、1958(昭和33)年の国鉄時代の旧信越本線を走る蒸気機関車(SL)から、現在のトキ鉄が運行する列車までの写真を使用した台紙が付く。通常の入場券は西暦で表示されているが、和暦で数字が並ぶ珍しい日を記念して和暦で表示する。

 また現在発売中の二本木、筒石両駅の「来駅記念入場券」についても2月2日と同22日に和暦表示で販売するほか、筒石駅については令和2年2月14日の「ツツイシ」に合わせた和暦表示版も販売する。トキ鉄は「遊び心のある商品をぜひ手に取ってほしい」としている。

 発売は2、22日の入場券セット(1600円)がいずれも当日から3月31日まで、来駅記念入場券(210円)は2日と22日のみで、駅窓口などで購入できる。筒石駅の14日分のみ11日から購入できる。問い合わせはえちごトキめき鉄道、025(546)5520。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット