真っ白い花が一面に咲くミズバショウの群生地。訪れやすい穴場スポットだ=佐渡市金井新保

真っ白い花が一面に咲くミズバショウの群生地。訪れやすい穴場スポットだ=佐渡市金井新保

新潟県 佐渡 花・紅葉

水辺彩る白の群生 ミズバショウ 佐渡・金井新保で見頃

新潟日報(2020年4月9日)

 新潟県佐渡市金井新保のミズバショウ群生地が見頃を迎えた。山の入り口付近にある1000平方メートルほどの湿地一面に、清楚(せいそ)な白い花が咲いている。見頃は今週末くらいまで。

 群生地は新保川ダムに近い林道近くで標高約200メートル。同市のミズバショウの群生地の中では比較的低地で訪れやすい場所にある割にはあまり知られておらず、知る人ぞ知る名所として愛好家の間では人気だ。

 4日にはトレッキング愛好会「夕虹会」のメンバー16人が訪れた。会長の松本秀雄さん(82)によると、開花は例年より2~3週間ほど早い。市内には他にもミズバショウの群生地はあるものの、これほど来やすくて花が多いところはないという。

 初めて訪れたという同市窪田の70代の男性は「こんなに密集して咲いている群生地はなく、貴重だ。来年も来たい」と話していた。

佐渡 ニュース

佐渡
イベント

佐渡
スポット