福井県陶芸館と越前古窯博物館を紹介する動画の一画面=福井県越前町の県陶芸館

福井県陶芸館と越前古窯博物館を紹介する動画の一画面=福井県越前町の県陶芸館

福井県 鯖江・武生・越前海岸 その他

越前焼を動画で知って 親しみやすく 来館気分体感

福井新聞(2020年5月28日)

 福井県越前町の県陶芸館と越前古窯博物館は、越前焼の魅力や館内展示資料を紹介する動画のインターネット配信を始めた。親しみやすさを前面に出した内容で、子どもや陶芸に興味のなかった人らの新たな来館につなげたい狙いだ。

 北海道博物館が提唱し、博物館や美術館がネットで展示品などを発信する「おうちミュージアム」に参加した。自宅にいながら来館気分を味わってもらえる。

 動画は3本あり、いずれも4分程度。1本目は、県陶芸館と越前古窯博物館の両館の概要をマスコットキャラクターの「つぼにゃん」が紹介する。2本目は県陶芸館の展示資料の一つでもある越前焼彫刻品の「近藤博士像」が案内役に扮(ふん)するユニークな内容で、声は中村忠嗣館長が担当。常設展示室の中世から近代までの越前焼の特徴を中心に紹介している。

 3本目は越前古窯博物館をテーマに、越前古窯研究の第一人者、故水野九右衛門氏が収集した資料を紹介。案内役は、高さ約150センチにも及ぶ巨大な越前焼のタヌキが務める。

 中村館長は「休校中の子どもたちにも楽しく見てもらいたい」と話す。動画は両館ホームページや会員制交流サイト(SNS)で視聴できる。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース