トワイライトエクスプレスの旅情が味わえる再現車両=9日、糸魚川市

トワイライトエクスプレスの旅情が味わえる再現車両=9日、糸魚川市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

寝台特急を再現 豪華な旅気分 糸魚川・ジオパル

新潟日報(2020年8月12日)

 惜しまれながら2015年3月に廃止された寝台特急「トワイライトエクスプレス」の再現車両が9日、新潟県糸魚川市大町1の糸魚川ジオステーションジオパルでお披露目された。初日は抽選で選ばれた家族連れらが、個室や食堂車で豪華な旅の気分を味わった。

 トワイライトエクスプレスは新潟県を経由して大阪と札幌を結んだ豪華寝台列車で、高い人気を誇った。糸魚川市が北陸新幹線開業後のまちづくりに生かそうと、備品の譲渡をJR西日本に要請。糸魚川大火の復興支援としてJR側から備品約100点が無償提供され、その展示場所として、地元産の杉を使い実物大の再現車両を製作した。

 車両はA個室スイートと食堂車の一部を忠実に再現した。ソファや食堂車のテーブルといす、荷物棚など実際に使われた調度品が室内を飾る。食堂車の車窓には夕焼けの日本海など沿線の風景が映像で流され、再現された車内放送と相まって旅情をかき立てている。

 9日の公開記念式典では、米田徹市長が「多くの人を魅了した列車が再現できた。長く愛されて市全体の活性化に寄与できるようにしたい」と話した。

 式典後の一般公開では、家族連れらが、今では珍しくなった食堂車に着席して雰囲気を味わったり、写真を撮ったりして楽しんだ。

 親子3人で訪れた市内の会社員女性(48)は「一度は乗りたかったあこがれの列車。糸魚川に戻ってきてくれてありがたい。また乗りに来ます」と笑顔でホームを後にした。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット