福井県 鯖江・武生・越前海岸

レトロ酒瓶袋、エコバッグに 越前市の酒店配布、好評

福井新聞(2021年1月12日)

 レジ袋の有料化を受けて福井県越前市内の酒店が、昭和期まで使われていた酒瓶袋を参考にしたレトロなデザインのエコバッグをお客に配って喜ばれている。

 酒店は同市押田2丁目の「リカーマーケットさかえや」。新型コロナウイルスの影響を受けた事業者の支援策として市が新設した補助金を活用し、レジ袋代わりに使ってもらおうと不織布製のオリジナルエコバック約千枚を製作。一升瓶(1800ミリリットル)がすっぽり収まる大きさで、緑色の布にレトロな雰囲気の書体で店名を印刷した。昨年12月下旬から配布している。

 参考にしたのは、店に数枚残っていた古い布製の酒瓶袋。同店の村上栄樹社長によると、昭和期には各酒蔵が販促品として酒用の買い物袋を作り、小売店を通じてお客に配布していた。村上社長は「昭和50年ごろから使われなくなったが、いわばエコバッグの元祖。今回の袋も昔のように買い物に何度も使ってもらいたい」と話している。

 問い合わせは同店=電話0778(22)6390。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース

鯖江・武生・越前海岸
イベント

鯖江・武生・越前海岸
スポット