見頃を迎えたブーゲンビリア(手前)とミモザ(奥)=2月4日、福井県越前市万葉菊花園

見頃を迎えたブーゲンビリア(手前)とミモザ(奥)=2月4日、福井県越前市万葉菊花園

福井県 鯖江・武生・越前海岸 花・紅葉

ミモザとブーゲンビリアが温室内で競演 越前市万葉菊花園で見頃

福井新聞(2021年2月6日)

 福井県越前市万葉菊花園のガラス温室で、ミモザとブーゲンビリアが見頃を迎えている。淡い黄色と鮮やかな紫色が温室内を彩り、訪れた人を楽しませている。

 ミモザはオーストラリア原産で、小さな黄色い花をつける。今が満開で2月上旬まで楽しめそう。中南米原産のブーゲンビリアは高さ約3メートル、幅約2・5メートルのアーチに沿わせて育てており、2月中旬まで見ごろ。花に見える紫やピンク色の部分は花を包む葉の一部で、中心部に白色の小さな花を咲かせている。

 営業時間は午前9時~午後5時(入園は午後4時半まで)。休館は月曜と祝日の翌日。入場無料(清掃協力金100円)。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース