雪が残る中、ことしのオープンを迎えた「黄金の湯」=20日、妙高市

雪が残る中、ことしのオープンを迎えた「黄金の湯」=20日、妙高市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 温泉 アウトドア・レジャー

秘湯「黄金の湯」 雪道の先に極上空間 妙高・燕温泉

新潟日報(2021年3月22日)

 秘湯として名高い新潟県妙高市の燕温泉にある露天風呂「黄金の湯」が20日、ことしのオープンを迎えた。訪れた観光客らは、急な雪道の先にある極上の空間を楽しんだ。

 黄金の湯は、標高1100メートルにある燕温泉の温泉街から、徒歩で10分ほど雪道を登った所に男女別である。かつては5月に開いていたが、近年は早くから観光客を呼び込むため、3月中にオープンしている。

 燕温泉の旅館「樺太館」を営む内記健二さん(40)によると、豪雪に見舞われた平野部とは異なり「積雪は例年より若干少ない」という。ただ、風呂の周囲には人の背丈を超える積雪が残っており、訪れた人は青空の下、乳白色のお湯を満喫した。

 スキー帰りに訪れた埼玉県の契約社員男性(64)は「初めて来たが、雪の中の温泉はなかなか気分がいい」と話した。

 開設は11月までの予定。

詳細情報

リンク
妙高観光局 https://www.myoko.tv/spots/65

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット