海風を受けて、ゆらゆらと泳ぐこいのぼり=20日、糸魚川市能生

海風を受けて、ゆらゆらと泳ぐこいのぼり=20日、糸魚川市能生

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー その他

海風受けて およげ!こいのぼり 糸魚川市能生・弁天岩

新潟日報(2021年4月21日)

 新潟県糸魚川市能生地区で春の風物詩となっている弁天岩のこいのぼりが20日、お目見えした。海風を吸い込み、元気に泳ぐこいのぼりが、通り掛かった人の目を楽しませている。

 浜茶屋や民宿などでつくる能生海岸管理組合が家庭で不要になったこいのぼりを集め、「こどもの日」に合わせて20年以上続けている。子どもの健やかな成長のほか、新型コロナウイルス対応に奮闘する医療従事者へ感謝の気持ちを込め、5月20日まで揚げる予定だ。

 この日は、国道8号と海上の弁天岩の間に58匹のこいのぼりが青空をバックに気持ちよさそうにたなびいた。写真撮影をしたり、童謡「こいのぼり」を口ずさんだりする人の姿が見られた。

 近くをドライブしていた上越市の男性(80)は「風を受けて元気に泳ぐこいのぼりに自分も元気をもらった。今年も頑張れそうだ」と癒やされていた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット