野沢温泉スキー場の食堂が新たに提供している「やまびこタコライス」

野沢温泉スキー場の食堂が新たに提供している「やまびこタコライス」

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 アウトドア・レジャー グルメ

タコライスで滑り楽しんで 野沢温泉「ゲレ食バトル」上位を

信濃毎日新聞(2015年1月8日)

 野沢温泉村の野沢温泉スキー場にある食堂「レストハウスやまびこ」が今季、「やまびこタコライス」(950円)を発売した。同食堂のメニューが昨季、県内スキー場の食堂メニューの評判を競う初めての「ゲレ食バトル」(県索道事業者協議会主催)でチャンピオンメニューに選ばれた。新商品の提供で利用者の満足度向上につなげようとの狙いで、今季も上位進出を目指している。

 やまびこタコライスは、ご飯の上に、豚肉と牛肉のひき肉、野沢菜の油炒め、チーズや野菜が載っている。女性客を意識し、昨季までの「やまびこ丼」を和風から洋風に改良した。これまでのところ、注文する6割ほどが女性で、「サラダ感覚で食べられる」などと、評判は上々という。

 メニューを考案した食堂の柿崎敏文さん(56)は「常連客にも目新しい商品を提供し、食事もスキー場に来る楽しみの一つにしてほしい」と話す。

 昨季、食堂のメニュー「野沢菜ビーフステーキライス」(1350円)が、応募のあった73品の中から最優秀に当たるチャンピオンメニューに選ばれた。スキー客以外にも食堂を訪れる人が増えたという。

 野沢温泉スキー場の片桐幹雄社長(59)は「これまでスキー場の食事はいまひとつという評判だった。(ゲレ食バトルを通じて)全体のレベルが上がればいい」と力を込める。

 今季は、同スキー場含め、県内30スキー場の67品がエントリーしている。各スキー場の食堂を利用した人が味やボリューム、価格といった5項目を評価し、100点満点で点数を付ける。今季は2月17日までアンケートを募集し、同月27日に今季のチャンピオンメニューを決める。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット