人気アニメ「ヱヴァンゲリヲン」のキャラクターらをあしらった観光周遊バス「さくら号」のイメージ

人気アニメ「ヱヴァンゲリヲン」のキャラクターらをあしらった観光周遊バス「さくら号」のイメージ

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

ヱヴァ周遊バスが登場 ふくい春まつり

福井新聞(2015年3月12日)

 「第30回ふくい春まつり」(4月1~30日)の一部事業が14日、北陸新幹線金沢開業に合わせ前倒しでスタートする。人気アニメをあしらったラッピング観光周遊バスが運行を開始。JR福井駅構内に、情報発信を担う「観光コンシェルジュ」を配置し、おもてなしムードを高めて観光客や市民を迎える。

 観光周遊バス「さくら号」は、JR福井駅東口を発着点に北の庄城址(じょうし)公園や足羽山、通称浜町などを巡る。4月30日まで午前10時~午後6時10分に35分間隔で運行する。

 バス車体には、まつりに合わせて3月28日から市立郷土歴史博物館で開かれる特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」にちなみ、人気アニメ「ヱヴァンゲリヲン」のキャラクターらを大胆にデザイン。アニメに登場する兵器「初号機」をイメージし、レイ、アスカ、マリの3人が彩る。

 運賃は大人、子どもともに200円。1日フリーパスは500円。フリーパスは橘曙覧記念文学館、愛宕坂茶道美術館、自然史博物館、市立郷土歴史博物館、養浩館庭園の5施設の入館が無料になる。問い合わせは京福バス福井営業所=電話0776(54)5171。

 観光コンシェルジュは、駅コンコースの専用ブースで、福井の魅力や歴史・文化などの情報を提供する。構内にある市観光案内所の女性スタッフが交代で土日祝日に務め、英語での案内もする。

 配置は来年3月末までの予定。14日から春まつり終了の4月30日までと、北陸3県とJRグループなどによる観光誘客企画「北陸デスティネーションキャンペーン」期間の10月1日から12月31日までは連日常駐する。

 まつりのイメージカラー「さくら色」のフラッグを商店街など一帯に飾り付け。北の庄城址公園では歴史の語り部による案内もスタートする。

福井・永平寺 ニュース

福井・永平寺
イベント

福井・永平寺
スポット