ダイオウイカに興味津々の来場者

ダイオウイカに興味津々の来場者

福井県 あわら・坂井 その他

ダイオウイカ、坂井で展示 全長6メートル超に驚きの声

福井新聞(2015年3月28日)

 坂井市三国町の越前松島水族館で27日、県内で見つかったダイオウイカの標本展示が始まった。10本の腕がそろっているなど状態が良く、全長は6メートルを超える。来場者はその大きさに驚き、海の神秘を感じている。

 ダイオウイカは世界最大級の無脊椎動物とされる深海生物。発見数が少なく、いまだ生態に謎が多い。県内では昨年10月からことし3月までに5体のダイオウイカが漁船の定置網に掛かったり、岩場に打ち上げられるなど見つかった。

 その中で状態が良い、昨年11月に若狭湾で漁師が見つけたものを冷凍保存後、ホルマリン漬けにした。体長3メートル26センチで、約3メートルの2本の触腕を合わせた全長は6メートル34センチ。来場者は「大きい」「海で見つけたら怖い」などと驚き、子どもの身長と比べる人もいた。

 同水族館の担当者は「実際に見て大きさを実感して、海のロマンを感じてほしい」と話している。標本は「おさかな館」前に常設展示される。

あわら・坂井 ニュース

あわら・坂井
イベント

あわら・坂井
スポット