福井で初めてのガールズケイリンで快走を誓う梅田選手(右)と浦部選手(左)=3日、福井新聞社

福井で初めてのガールズケイリンで快走を誓う梅田選手(右)と浦部選手(左)=3日、福井新聞社

福井県 福井・永平寺

15日からガールズケイリン 梅田選手ら来社、PR

福井新聞(2015年8月4日)

 15~17日に福井市の福井競輪場で初めて開かれる女子競輪「ガールズケイリン」に出場予定の梅田夕貴選手(大野市出身)らが3日、福井新聞社を訪れ、「女子選手ならではの華やかなレースを見に来て」とPRした。

 梅田選手は県内初の女子選手で、7月21日にデビューを果たした。「一戦一戦課題が見つかり、勉強している」とプロの厳しさを実感。6月に同競輪場で3日間の合宿を行い、多くの地元ファンの声援を受けた。「福井に照準を合わせて調整し、ぜひ1着を目指したい」と快走を誓った。

 7月に日本競輪選手会福井支部の所属となった浦部郁里選手(千葉県出身)は、2012年の女子競輪復活時から出場している。「ジャージーや自転車がカラフルで男子選手とは違った雰囲気になる。競技性の強いレースを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

 福井競輪場での開催は「朝倉ゆめまる賞」と銘打ち、3日間で計6レースを行う。15、16の両日は、抽選会や屋台販売など多彩な催しがある。

福井・永平寺 ニュース

福井・永平寺
イベント

福井・永平寺
スポット