体重測定をするレッサーパンダの赤ちゃん

体重測定をするレッサーパンダの赤ちゃん

長野県 長野市周辺 その他

レッサーパンダの双子すくすく 長野・茶臼山動物園

信濃毎日新聞(2015年8月27日)

 長野市篠ノ井有旅(うたび)の市茶臼山動物園でレッサーパンダの双子の赤ちゃんが生まれ、順調に育っている。ともに雄で7月19日に生まれた。生後38日の26日現在、体長はいずれも約10センチで、体重はそれぞれ670グラムと700グラム。9月下旬ごろに一般公開する予定。

 母親は6歳の「ノン」で、父親は7歳の「チャオ」。母親の乳のほか、ササの葉やリンゴなどを食べ、毎日約10グラムずつ体重が増えている。巣箱で丸くなって寝ていることが多いが、10月初めまでには歩けるようになるという。今は全体的に灰色の産毛だが、次第に茶色の毛に生え替わる。

 ノンは3回目の出産。飼育員の田嶋充さん(39)によると、双子はまだ警戒心が強く、怖がると「キーキー」と鳴いたり、独特の臭いのある尿を出したりして、ノンがほぼ付きっきりという。

 「よちよち歩きができるようになった双子を、早くたくさんの人に見てもらいたい」と田嶋さん。名前は10月の「動物園まつり」で募集し、決まり次第、同園のホームページで発表する。

 双子の誕生で、同園のレッサーパンダは18匹になった。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット