外国人が使えるように英語表記もある馬籠宿から野尻宿までの地図

外国人が使えるように英語表記もある馬籠宿から野尻宿までの地図

長野県 木曽路 アウトドア・レジャー

英語地図で馬籠峠越え 南木曽町・妻籠の住民組織が地図

信濃毎日新聞(2016年2月26日)

 木曽郡南木曽町妻籠の住民組織「妻籠を愛する会」は25日、岐阜県中津川市馬籠宿から南木曽町内を経て、同郡大桑村野尻宿までの旧中山道などを紹介した地図を完成させた。ここ数年、外国人の観光客が急増したため、名所・旧跡の説明は日本語と英語の両方で表記。外国人客に今まで以上に一帯を歩く旅を楽しんでもらう狙いだ。

 地図はA2判の両面に印刷されている。妻籠宿本陣や脇本陣、侵入者に備えて道を直角に曲げた「枡形(ますがた)」のほか、中山道が氾濫した時の迂回(うかい)路だった「与川道」の阿弥陀堂など計33カ所を紹介した。5万部を印刷し、妻籠観光案内所のほか、馬籠宿やJR南木曽駅前、野尻宿にも置くという。

 愛する会によると、馬籠宿と妻籠宿の間にある馬籠峠を歩いて越えた外国人は本年度、23日現在で1万6702人。昨年度より既に3320人上回っている。

 同会は昨年12月、妻籠宿の駐車場に大きな荷物を背負った外国人用に大型のコインロッカー(16人分)を設置。現在は、別の駐車場にあるトイレの洋式化も進めている。藤原義則常務理事(67)は「これで胸を張って外国人に来てもらうことができる」と話していた。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット