満開となった弘法山古墳の桜。上空からは淡いピンク色がドーム状にこんもりと浮かび上がって見えた=本社チャーターヘリから

満開となった弘法山古墳の桜。上空からは淡いピンク色がドーム状にこんもりと浮かび上がって見えた=本社チャーターヘリから

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉

浮かぶ桜のドーム 松本・弘法山古墳

信濃毎日新聞(2016年4月9日)

 松本市の弘法山古墳の桜が8日、満開となった。上空からは、淡いピンクがドーム状にこんもりと浮かび上がって見えた。県内外から訪れた人たちが、お茶を飲んだり、写真を撮ったりして、花の盛りを楽しんでいた。

 同僚2人と初めて来た塩尻市の会社員ビエン・ジュリアさん(31)は「景色も桜もパーフェクト。フィリピンの家族や友達にも写真を送りたい」。友人2人と野だてをしていた川崎市の会社員山田純子さん(35)は「天気も桜もちょうどいい時に来られた。外から見た山も、丸くてピンクでかわいいですね」と話していた。

 松本市の松本アルプスライオンズクラブなどが30年ほど前、ソメイヨシノやヤマザクラ約5000本を植えた。10日は地元商工会や町会でつくる実行委員会が、満開を祝うイベントを行う。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット