改修を終えた徳沢ロッヂの談話室

改修を終えた徳沢ロッヂの談話室

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

上高地の市営2宿泊施設、新装開業 初の「山の日」へ魅力UP

信濃毎日新聞(2016年5月10日)

 老朽化に伴い改修していた北アルプス上高地にある松本市営宿泊施設「徳沢ロッヂ」と「上高地アルペンホテル」の工事が終わり、9日までに営業が始まった。今年は8月11日に国民の祝日「山の日」を初めて迎えるシーズンでもあり、施設の魅力をアップしたことで、関係者は大勢の利用を期待している。

 徳沢ロッヂは1979(昭和54)年完成。市は耐震改修に合わせて昨年11月まで大規模な改修をした。これまで10部屋だった和室を3部屋にする一方、これまでなかった洋室を新たに4部屋設けた。談話室も改装し、相部屋として宿泊対応が可能になった。

 93年完成の上高地アルペンホテルは昨年11月から第1期改修を実施。和室8部屋に手を加え、簡易シャワー付きの和室4部屋と、簡易シャワーか風呂付きの洋室4部屋にした。共同の風呂場も改修した。冬期間に第2期、第3期の改修を進める計画だ。

 市山岳観光課によると、大型連休中も利用者でにぎわった。同課は「徳沢ロッヂ周辺ではニリンソウが見頃を迎えており、施設に足を運んでほしい」と呼び掛けている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット