「小松姫」の平田さん(右)がプロデュースし、こむぎ亭店主の窪田さん(左)が考案した小松姫御膳

「小松姫」の平田さん(右)がプロデュースし、こむぎ亭店主の窪田さん(左)が考案した小松姫御膳

長野県 長野市周辺 グルメ 特産

松代の味「小松姫」お墨付き アンズと長芋使い8軒で提供へ

信濃毎日新聞(2016年6月30日)

 小松姫プロデュースの料理はいかが? 松代藩真田家初代藩主信之の正室小松姫にちなみ、「小松姫food(フード)プロジェクト」と銘打った食事の提供が、7月15日、長野市松代地区の飲食店など8軒で始まる。地元の観光親善大使「小松姫」を務める平田唯さん(26)=長野市松代町=が監修。特産のアンズと長芋を使うことが条件で、NHK大河ドラマ「真田丸」放送で増えている観光客に、食を通じて地域の魅力をPRしようと企画した。

 ドラマゆかりの地をPRする催し「体感!!戦国の絆信州松代真田大博覧会2016」の会場を中心に訪れる観光客に、地区内の周遊を促す狙い。平田さんが各店舗に協力を呼びかけ、アンズと長芋を軸とした食事(1500円以内)、アンズを使ったスイーツ(500円以内)を賛同した店舗に考案してもらった。

 食事を提供するこむぎ亭は、長芋のとろろかけうどんや、自家製のアンズのシロップ漬けをトッピングし、アンズソースをかけたアイスなどの小松姫御膳(千円)を考案。店主の窪田拓馬さん(38)は「松代産の食材にこだわった。地域のためにできることを手伝いたい」と話した。

 このほか、食事はニュー街道一、県厚生連長野松代総合病院内のシンフォニー、交流施設「寺町商家」の3軒。角切りアンズの入ったサラダや長芋のコロッケなどがある。デザートは五十里(いかり)うどん麺味座(めんみくら)、蔦屋本店、国民宿舎松代荘、レストランはなやの4軒で提供。アンズの実を載せたヨーグルトや長芋ジュース、アンズシロップをかけたかき氷などだ。

 平田さんは、ながの観光コンベンションビューロー(長野市)の職員で、2015年11月から小松姫を務める。「(統一のコンセプトで)観光客に紹介しやすい。ドラマが終わってからも来てもらえるよう、リピーターが増えてほしい」と期待。15日以降、8店舗を順次回ってPRに努めるつもりだ。

 提供店舗には、小松姫の文字や真田家の家紋「六文銭」などをあしらった専用のロゴのシールをメニューに貼ってもらったり、店に掲示してもらったりしてPRする。店舗を紹介するマップの作成、松代まち歩きセンターや旧松代駅の観光情報コーナーでのチラシ配布を計画中。メニューの提供は当面続け、今後も協力店舗を募る。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット