涸沢カールにアルプホルンの音色を響かせる安曇中の1年生=20日

涸沢カールにアルプホルンの音色を響かせる安曇中の1年生=20日

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

重なる音色、重ねる歩み 涸沢で音楽会

信濃毎日新聞(2016年7月21日)

 松本市安曇の大野川、安曇両中学校の1年生計10人が20日、合同学校登山で北アルプス涸沢の山小屋「涸沢ヒュッテ」に到着し、テラスで恒例の「涸沢音楽会」を開いた。アルプホルンの演奏と合唱を披露し、涸沢カールにアルプホルンの音色と歌声を響かせ、登山者たちを楽しませた。

 両校の1年生は毎年、北ア最高峰の奥穂高岳(3190メートル)に登っている。21日に山頂を目指すのに備え、20日は上高地から標高約2300メートルにある涸沢ヒュッテまで登った。

 音楽会では「アメイジング・グレイス」など3曲をアルプホルンで演奏し、県歌「信濃の国」と唱歌「故郷(ふるさと)」を合唱。音楽会を聴こうと集まった登山者からのアンコールに応え、両校の校歌も歌った。

 千葉市から登山に訪れた加来菊代さん(72)は「選曲が良かったし、生徒たちが一生懸命やっている姿にも感激した」と涙ぐんでいた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット