協力してパドルをこぎ、梓川を下る松本大生ら=18日

協力してパドルをこぎ、梓川を下る松本大生ら=18日

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

ラフティング、水しぶきに歓声 松本・梓川で体験会

信濃毎日新聞(2017年4月19日)

 県内各地の河川で、ゴムボートに乗って川下りを楽しむラフティングがシーズンを迎えた。松本市梓川倭の公共宿泊施設「梓水苑」は18日、梓川で観光関係者ら向けの体験会を開催。松本大スポーツ健康学科の14人が雪解け水のしぶきを浴び、歓声を上げた。

 学生たちはウエットスーツとヘルメット、ライフジャケットを装着。パドルの使い方などを教わり、6、7人ずつボートに乗り込んだ。前日の雨で流れは速かったが、力を合わせてボートを操作。「冷たい」などと声を上げながら、1時間ほどで約4・5キロを下った。県観光機構(長野市)は、アウトドア体験を紹介するインターネットサイト「VISIT長野県」で流すPR用動画を撮影した。

 松本大3年の熱野莉代さん(20)は「流れが穏やかなポイントで見た桜と北アルプスが良かった」と話していた。

 梓水苑では10月下旬までラフティングを楽しめる。問い合わせは梓水苑(電話0263・78・5550)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット