ボランティアから水や野菜を受け取り、ゴールを目指すランナーたち

ボランティアから水や野菜を受け取り、ゴールを目指すランナーたち

長野県 長野市周辺 祭り・催し

街並みと交流楽しみながら 小布施見にマラソン

信濃毎日新聞(2017年7月17日)

 小布施町の街並みや地元住民との交流を楽しみながら走る「第15回小布施見にマラソン」が16日、同町内で開かれた。全国から7363人が参加。路地裏や田んぼのあぜ道などのコースを思い思いのペースで走り抜け、小布施の魅力を味わっていた。
 
 21・0975キロのハーフマラソンで、地元住民らでつくる実行委員会が主催。小布施総合公園内のゴールには、汗だくのランナーが次々と駆け込んだ。中には浴衣姿やアニメキャラクターのコスプレ姿で走る人も。沿道では、ボランティアスタッフが水や地元産の野菜をランナーに手渡し、大会運営を支えた。
 
 これまで500回ほどマラソン大会に出場しているという東京都羽村市の安達武史さん(78)は「このマラソンは初出場だったが、果樹園を通るコースは走っていて楽しかった。住民の応援も温かかった」と喜んでいた。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット