桜雲橋と夜桜が目を引く62円切手のシート

桜雲橋と夜桜が目を引く62円切手のシート

長野県 木曽路 花・紅葉 その他

高遠の桜、魅力伝える切手 伊那の郵便局で発売

信濃毎日新聞(2018年3月24日)

 「天下第一の桜」として知られる伊那市高遠町の高遠城址(じょうし)公園にあるタカトオコヒガンザクラの写真を使ったフレーム切手「信州伊那高遠の櫻(さくら)」が4月2日から、同市内の全郵便局(簡易局を除く)で販売される。南アルプス仙丈ケ岳を望む桜や夜桜の写真などをあしらい、同公園の桜の魅力を伝えている。
 はがき用の62円切手(1シート1200円)と82円(同1300円)の2種類で、ともに10枚組。デザインは1枚ずつ異なり、園内の桜雲橋(おううんきょう)や国の登録有形文化財「高遠閣」と桜を入れた切手もある。日本郵便信越支社によると、県内で今年、桜をモチーフにした切手を発売するのは同公園のみといい、同社の担当者は「毎年売れ行きが良く、人気商品」と話している。
 ともに3050シート限定。うち50シートはインターネットで販売する。問い合わせは同社信越支社郵便・物流営業部(電話026・231・2368)へ。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット