「インスタ映え」を狙ってJR飯山駅構内に設けた撮影スポット。菜の花にちなんだ黄色い天使の羽が生えているような写真が撮れる

「インスタ映え」を狙ってJR飯山駅構内に設けた撮影スポット。菜の花にちなんだ黄色い天使の羽が生えているような写真が撮れる

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 花・紅葉 祭り・催し

幸せの黄色で「インスタ映え」 5月「いいやま菜の花まつり」

信濃毎日新聞(2018年4月14日)

 飯山市の春の風物詩「いいやま菜の花まつり」(実行委員会主催)が5月3〜5日に同市瑞穂の菜の花公園で開かれる。今年は、観光客らに写真共有アプリ「インスタグラム」での写真投稿を通じて飯山の魅力を広げてもらおう―と、公園内外の数カ所を「インスタ映え」する撮影スポットとしてPR。会員制交流サイト(SNS)の発信力を生かして誘客を図りたい考えだ。

 実行委事務局の市は昨年、一面を黄色に染める菜の花を「ハッピーイエロー」と命名。菜の花にちなみ、黄色の手作り品を販売するクラフトフェア、黄色を基調とした仮装大会を開き、まつりを盛り上げた。公園一帯の魅力アップを図る狙いで、カップルなどが立ち寄って鐘を鳴らす場所として園内に「幸せを呼ぶウエディングベル」を設置。公園近くの東小学校玄関前には「幸せを運ぶ黄色いポスト」と名付けた黄色く塗った円柱形の郵便ポストも置いた。

 今年は「インスタ映え」する撮影スポットとして、ウエディングベルと黄色いポストがある場所に加え、JR飯山駅(飯山駅)構内に「黄色い天使の羽」を設けた。大きな羽を背景に撮影すると、菜の花畑の上を飛んでいるような写真になる。菜の花の黄色やハッピーイエローにちなんで、記念撮影した人に幸せを感じてもらいたい―との思いを込めたという。

 菜の花公園は広さ約4ヘクタール。約800万本の菜の花が植わる。市によると、今年の菜の花の見頃は4月下旬から5月上旬までの見込みで、まつり期間中に見頃の時季が重なる見通しだ。まつり期間中は今年もクラフトフェアなどを予定している。

 市は「多くの人に菜の花がある飯山市の魅力を知ってもらい、発信してほしい」としている。問い合わせは飯山市の実行委事務局(電話0269・62・3111)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット