航空祭に向けて記念塗装されたF15戦闘機=航空自衛隊小松基地

航空祭に向けて記念塗装されたF15戦闘機=航空自衛隊小松基地

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

F15、航空祭仕様に 空自小松基地、竜のうろこや弁慶描く

北國新聞(2018年9月14日)

 17日に航空自衛隊小松基地で行われる航空祭の記念塗装機2機が13日、同基地で報道関係者に公開された。同基地の第303、306両飛行隊のF15戦闘機に、飛行隊のシンボルマークであるドラゴンのうろこをイメージしたデザインや、基地がある小松市が舞台の歌舞伎「勧進帳」に登場する弁慶などが描かれており、祭典を盛り上げる。
 隊員が図柄を考案し、基地の整備員が垂直尾翼や燃料タンクなどに塗装した。303飛行隊は角張ったうろこを描いて「ドラゴン迷彩」とし、306飛行隊は富樫、義経も表現した。当日は機動飛行を披露し、地上展示される。
 航空祭では、F15や松島基地(宮城県)のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」などが飛行ショーを繰り広げるほか、小松基地などを舞台にしたテレビアニメ「ガーリー・エアフォース」の声優によるトークイベントが行われる。

加賀・白山・小松 ニュース