満開の白い菊花を「毛皮」のようにまとったクマのトピアリー=11月2日、福井県の越前市武生中央公園

満開の白い菊花を「毛皮」のようにまとったクマのトピアリー=11月2日、福井県の越前市武生中央公園

福井県 鯖江・武生・越前海岸 花・紅葉 祭り・催し

たけふ菊人形11月4日まで OSKも4日最終公演

福井新聞(2018年11月3日)

 福井県の越前市武生中央公園で開かれている「たけふ菊人形」は11月4日、38日間の会期を終える。最後の週末も鮮やかな花や多彩な催しが会場を盛り上げる。

 福井しあわせ元気国体に合わせ、例年より1週間ほど早く開幕した。残りわずかとなった2日は天候に恵まれ、訪れた子ども連れや高齢の夫婦らが動物をかたどった菊花のトピアリー(造形物)周辺で記念撮影するなど楽しんだ。

 3日は空中太鼓のパフォーマンス(午前10時半、午後2時半)や武生商業高吹奏楽部の演奏(午後1時)がある。マスコットキャラクター「きくりん」や「はぴりゅう」など8体が集う「きくりんwithゆるキャラ大集合」は午前11時、午後3時から。

 4日は福井大ジャグリング同好会「acRue」(午前10時半)、ダンス教室「みんなのスタジオHAPPINESS」(正午)が登場する。県生活文化連合会によるクラフト体験と展示販売、謎解きゲーム「きくりんと秘密のガーデン」は両日開催。

 菊人形館はテーマの「西郷隆盛と幕末明治菊花伝」を6景(場面)23体の人形で表現。トップスター桐生麻耶さんら13人が出演するOSK日本歌劇団のレビュー「ガーシュウィンナイト」は4日午後2時の最終公演に合わせ、整理券を同日午前9時から市文化センター前で配布する。200枚限定で1人1枚。

 問い合わせはたけふ菊人形事務所=電話0778(21)0175。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース