旧園田家住宅に雪囲いを設置する会員=金沢湯涌江戸村

旧園田家住宅に雪囲いを設置する会員=金沢湯涌江戸村

石川県 金沢市周辺 その他

冬本番に備え 湯涌の茅葺き家屋に雪囲い

北國新聞(2018年11月21日)

 金沢市の金沢湯涌江戸村で20日、茅葺(かやぶ)き家屋をヨシのすだれで覆う雪囲いの設置作業が始まった。江戸時代に建築され、明治、大正、昭和、平成と時代の変遷を見てきた伝統家屋を風雪から守るため、湯涌地区の住民有志でつくる同村維持保存研究会員が平成最後の作業に精を出し、冬本番に備えた。
 19世紀前半に建築された国指定重要有形民俗文化財「旧園田家住宅」では、会員9人が支柱となる木材を建物の周囲に立て、すだれを竹と縄で固定した。
 同日は石川県指定有形文化財「旧高田家住宅」、市指定有形文化財「旧野本家住宅」にも囲いを設置した。研究会事務局長の宮本豊勝さん(72)は「新しい時代になっても伝統家屋を守っていきたい」と話した。22日までに江戸村内の他の家屋にも囲いを設ける。

金沢市周辺 ニュース