ふ化から半年を迎えた雌のニホンライチョウ(富山市ファミリーパーク提供)

ふ化から半年を迎えた雌のニホンライチョウ(富山市ファミリーパーク提供)

富山県 富山・八尾 その他

誕生半年3羽すくすく ファミリーパークのライチョウ

北日本新聞(2018年12月13日)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパーク(同市古沢)は12日、6月にふ化した3羽が順調に育っていると発表した。いずれも成鳥の鳴き声になり、白色の冬羽にほぼ生え替わった。

 体重は雌2羽が525グラムと511グラム、雄は545グラム。非公開のライチョウ舎で1羽ずつ専用のケージに入れて育てている。3羽にとって初めての冬を迎えるため、同パークでは注意して観察を続ける。

富山・八尾 ニュース