海洋深層水入りシフォンケーキの焼き上がりを確認するメンバーと職員

海洋深層水入りシフォンケーキの焼き上がりを確認するメンバーと職員

富山県 黒部・宇奈月・新川 グルメ スイーツ

ほのかな塩味人気 であい工房(上市)の深層水入りケーキ

北日本新聞(2018年12月29日)

 社会福祉法人むつみの里の障害者就労支援施設「であい工房」(上市町柳町)が作る海洋深層水入りのシフォンケーキが人気を集めている。ほのかな塩味がアクセントとなり「甘さが引き立つ」と好評だ。「おいしかったよ」という客の声を励みに、工房のメンバーは作業に精を出している。

 であい工房は1998年にスイーツ作りを始め、各種のケーキやクッキー、マフィンなどに品目を広げてきた。7年前から販売する海洋深層水入りシフォンケーキは定番の商品となっており、上市町外からも注文が入る。焼きたてを味わってもらおうと、注文販売と福祉関係のイベント会場での販売としている。

 材料にこだわり、町内の養鶏業者から仕入れた新鮮な卵や国産の小麦粉、米油などと、滑川市の海洋深層水分水施設「アクアポケット」の高濃縮の深層水を使う。工房のメンバー3人と職員が3時間かけて生地作りや焼き上げに当たり、しっとりとした食感に仕上げる。6年前からケーキ作りに参加するメンバーの澤井優子さん(60)=同町=は「お客さんからおいしいと言ってもらえるとうれしい」とやりがいを語る。

 衛生管理にも力を入れており、工房は日本食品衛生協会の「食の安心・安全・五つ星店」に認定された。碓井裕子統括施設長は「リピーターのお客さんも多く、ありがたい。新しいスイーツにも挑戦したい」と話している。

 海洋深層水入りシフォンケーキは直径13センチで、1個440円(税込み)。問い合わせはであい工房、電話076(472)3607。

黒部・宇奈月・新川 ニュース