長泉寺前で満開のしだれ桜と菜の花。青空とのコントラストがひときわ美しい=4月16日、福井県小浜市加茂

長泉寺前で満開のしだれ桜と菜の花。青空とのコントラストがひときわ美しい=4月16日、福井県小浜市加茂

福井県 敦賀・若狭 花・紅葉

菜の花満開、春うらら 小浜・加茂2河川沿い

福井新聞(2019年4月18日)

 福井県小浜市加茂で菜の花が満開になっている。二つの川沿いで300~400メートルにわたって咲き誇り、黄色の世界が広がっている。5月上旬まで見ごろだという。

 同区のある宮川地区は「花の里づくり」に取り組んでおり、地元の老人クラブの有志が景観を良くしようと毎年種をまいている。

 今年は野木川沿い約400メートル、小北川沿い約300メートルで咲いている。4月上旬から咲き始め、1週間ほど前から満開になった。辺り一面、菜の花の香りに包まれ、飛び交うミツバチが羽音で"春のハーモニー"を奏でている。

 ソメイヨシノはほとんど散ってしまったが、同区の長泉寺前にある1本のしだれ桜は見頃で、菜の花との共演を楽しむことができる。同寺の69歳の女性は「青空と桜のピンク、菜の花の黄色のコントラストが、本当に鮮やかできれい」とじっくり眺めていた。

敦賀・若狭 ニュース