パンフのコードを読み込むとスマートフォンに外国語で情報が表示され、音声で読み上げられる

パンフのコードを読み込むとスマートフォンに外国語で情報が表示され、音声で読み上げられる

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー

トロッコ情報を音声で再生 黒部峡谷鉄道、外国人向け

北日本新聞(2019年4月24日)

■スマホでパンフのコード読み込み

 黒部峡谷鉄道(黒部市黒部峡谷口)は、トロッコ電車に乗る海外観光客向けに、音声コード「Uni-Voice(ユニボイス)」付きのパンフレットを作成した。スマートフォンなどの専用アプリでコードを読み取ると、パンフに掲載しきれない見どころの情報がパンフの言語で表示され、読み上げられる。ユニボイスの運営会社によると導入は北陸初。

 作ったのは英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、タイ語のパンフ。宇奈月、黒薙、鐘釣、欅平(けやきだいら)の各駅周辺の見どころを収録した四つのコードを掲載した。1コード当たり日本語原稿で約650字分の情報量がある。

 ユニボイスは通信環境を必要としないため、電波がつながりにくい場所でも情報を得ることができる。専用アプリは無料でダウンロードできる。

 同鉄道の昨シーズンの海外乗降客数は前年比4・2%増の6万8868人で、年々増加傾向にある。東京五輪・パラリンピックを来年に控え、さらに増加が見込まれることから対応を強化。各駅の表示や解説パネルへのユニボイス導入も検討している。

黒部・宇奈月・新川 ニュース