魚津市が国内外からの誘客に向けて作った観光PRグッズ

魚津市が国内外からの誘客に向けて作った観光PRグッズ

富山県 黒部・宇奈月・新川 その他

誘客へ魚津PRグッズ拡充 大型連休前に市が戦略

北日本新聞(2019年4月26日)

 魚津市は大型連休を前に、国内外からの誘客に向けて観光PRグッズを拡充した。5月下旬の日台観光サミットも視野に入れ、台湾や香港で使われる文字で魚津を紹介する観光パンフレットを新たに作製。観光宣伝時にアンケート協力者に贈るため、市イメージキャラクター・ミラたんが描かれたボックスティッシュも作った。

 パンフレットは昨年5月にできた「UO(ウオ)!NAVI(ナビ)」の繁体字版。表はミラージュランドや蜃気楼(しんきろう)、じゃんとこい魚津まつりなどを紹介しており、裏は市内地図になっている。A1判蛇腹折りで2千部準備し、市内各所で配布。連休中に立山黒部アルペンルートの室堂で配るほか、日台観光サミット会場にも置く。

 ティッシュは箱の各面に豊かな自然や食、祭りの魅力を伝える写真を配置し、市についての紹介文を掲載。市観光協会のホームページに直接アクセスできる2次元バーコードも印刷した。3千箱用意し、市外での観光宣伝で使う。

 これまでアンケート時にプレゼントし、好評だったコットンバッグも追加で千枚作った。蜃気楼やホタルイカなどのイラストがプリントされている。

黒部・宇奈月・新川 ニュース