バンドの演奏で盛り上がる観客

バンドの演奏で盛り上がる観客

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

ライブで街ヒートアップ ロックタウン高岡

北日本新聞(2019年6月11日)

 音楽で高岡を盛り上げる音楽ライブ「ロックタウン高岡2019」が9日、高岡市中心部で開かれた。2回目となる今年はライブ会場を増やした。県内外の14組が、同市末広町のメイン会場や御旅屋通り、路面電車・万葉線の車内で熱いステージを繰り広げ、各会場を行き交う観客で街はにぎわった。

 ロックで高岡を元気にしようと、市内の音楽関係者らでつくる実行委員会(村井亮介委員長)が企画。メイン会場となった末広町のイベントホール「クローバーホール」とカフェバー「グッドフェローズ」には、実力派バンド「スクービードゥー」や、市出身の「もりきゅあ」、シンガー・ソングライター「寅」として活躍する村井委員長らが出演。「富山にある」などを熱唱した。

 近くの御旅屋通りでは無料ライブが行われ、観客が会場の行き来を楽しめるよう、有志の出店も並んだ。

 万葉線の車内ライブも2回行われ、高岡市が舞台のテレビドラマに出演した歌手・俳優の竹本孝之さんと、関西を中心に活動するバンド「私の思い出」が、末広町から米島口停留所までそれぞれ演奏を繰り広げた。北日本新聞社後援。

高岡・氷見・射水 ニュース