温かな光を放つガラスランプ展=12月13日、福井県小浜市後瀬町の福井新聞小浜支社コミュニティーホール

温かな光を放つガラスランプ展=12月13日、福井県小浜市後瀬町の福井新聞小浜支社コミュニティーホール

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

温かな光演出のガラスランプ 小浜の工芸作家作品展

福井新聞(2019年12月14日)

 福井県小浜市福谷に工房を構えるガラス工芸作家、竹田恵子さん(48)の作品展「こころに灯(あか)りを 硝子(ガラス)ランプ展」が12月13日、同市後瀬町の福井新聞小浜支社コミュニティーホールで始まった。さまざまな形のランプを中心に約50点が並び、ぬくもりのある輝きを放っている。15日まで。

 色とりどりのガラスのかけらを宝石のようにちりばめた四角すいのランプや、象形文字「トンパ文字」が書かれた球状のもの、ワインボトルを平たく加工したユニークな作品もある。光はガラスを通り抜けることで淡く柔らかく広がり、温かな雰囲気を演出している。枝の先に丸いガラスが付いたツリーもあり、見応えがある。

 台風19号の義援金を募るチャリティー展も兼ねている。竹田さんの知人が被災。現在も復興は道半ばということを聞き、義援金を募ることを思いついた。会場では有料のLED(発光ダイオード)ランプ作りが体験でき、一部の作品を販売。収益の一部を義援金とする。

 観覧無料。午前9時~午後5時(最終日は同4時まで)。

敦賀・若狭 ニュース