山菜取りを体験する外国人観光客=2014年、能登町

山菜取りを体験する外国人観光客=2014年、能登町

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 その他

能登農家民宿 外国人旅行者受け入れ整備

北國新聞(2020年3月18日)

 石川県は新年度、能登の農家民宿で欧米からの旅行者が増加しているとして、専門家によるコミュニケーションの指導を行い、外国人旅行者の受け入れ態勢を整える。外国人向けのPR動画も作成し、海外の旅行会社に売り込み、さらなる誘客を図る。
 県内には奥能登を中心に78軒の農家民宿があり、欧米からの旅行者が増えている。欧米客は平均滞在期間が10日ほどと長く、地域の活性化に大きく寄与するという。
 動画では、農家民宿での滞在の様子や食文化、農林漁業体験など、スローツーリズムの魅力を紹介する。谷本正憲知事は17日の県議会予算委員会で「日本の原風景や伝統的な暮らし、石川ならではの里山里海の魅力が好評を得ている」と指摘した。平蔵豊志氏(自民)が質問した。
 修学旅行も受け入れており、2007年には1校だったが、今年度は珠洲、輪島、能登、穴水の4市町に6校から1351人が訪れた。農家民宿の開業に意欲的な人材を発掘し、希望者への空き家の紹介、開業、経営安定までワンストップで支援するサポートデスクも18年7月に設けており、これまで132件の相談があった。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット