21日から臨時閉園となる兼六園=金沢市内

21日から臨時閉園となる兼六園=金沢市内

石川県 金沢市周辺 その他

兼六園、当面閉園 県、往来自粛で

北國新聞(2020年4月21日)

 石川県は20日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言で都道府県をまたぐ往来の自粛を要請したことを受け、国の特別名勝「兼六園」を21日から当面の間、臨時閉園することを決めた。城下町を代表する名所の閉園に、市民や茶店関係者の多くは驚きながらも「終息のためには仕方ない」と理解を示す一方、「『3密』の場所ではないのに」「いつまで閉園するのか」と嘆く声も聞かれた。
 谷本正憲知事が20日に県庁で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で閉園することを明らかにした。兼六園では密閉・密集・密接が重なることはないが、観光客が多く訪れる施設であることから、感染拡大防止へ異例の閉園という措置を講じる。
 1976(昭和51)年9月の有料化以来、兼六園が長期間にわたって閉園するのは初めて。
 入園無料の金沢城公園や木場潟公園などは閉園しない。金沢城公園では五十間長屋など屋内施設は11日から閉館している。
 兼六園と並び「日本三名園」に数えられる茨城県の偕楽園、岡山県の後楽園は既に休園している。谷本知事は対策本部会議後、記者団の取材に「県の観光施設は全て閉鎖するということで、兼六園も例外ではない。閉園は致し方ない」と述べた。兼六園に関しては、谷本知事が3月27日に「無症状の人は(東京から)お越しいただければ」と発言して物議を醸した。

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット